展示会

いつものリネン服の展示会だった。
冬場はマシュマロニットという素材のものが半分くらい。厚すぎず薄すぎず、キレイなシルエットが出る。
お値段は結構張るけれど、何度も書いたが100%手作りなのでものすごい丈夫。今日はマシュマロニットのトップスをゲット。
これさえ持っていればどうにかなる、というオシャレ服なのでありがたい。

日替わりランチのメインに噛み付いたら(チキンピカタ)、グニュっとしたのでビックリ。見ると、かなりの生焼けだった。表面だけしか焼けてない。そもそも分厚くないのに…。
鶏肉の生もヤバいと仰天ニュースか何かで見たのですぐ店員さんを呼んだ。
もちろん平謝りで、取り替えてくれた。
ちょっと時間がかかって出てきたけど、しっかり焼けていたしコーヒーもサービスしてくれたのでラッキー。
一緒にいたのが年上の友人だったので、彼女にそっちが当たらなくてよかった、と思う。

20180111たまーに、雪が降る。
今日の交通渋滞が全国ニュースになってしまうくらい、雪には脆弱なわが地元…。降ってはいたけど、凍ってはなかったように思うんだけどなあ。

幸いなことに、私は混雑を避けていつもと同じ時間に出勤することができた。
いくらSUVに乗っていても(私のはパートタイム四駆)、渋滞に巻き込まれてしまうとどうにもならないし。ロードヒーティングもないし、スタッドレスも履かないからしょうがない。その分台風には強いから…。

でも積雪数センチでこれって、北日本の人に笑われるよねー、と言いながら残業なしで退勤した。

連休の針仕事

年末のパーティーにvivienne tamのマントを着て行ったら、被服専門の人にとても褒められた。今流行ってるんだって。「装苑」とかで。
そのマント自体は何年も前に買ったもので、丈も長くて暖かい。が、手を出すところが下すぎて、普段使いにはちょっと難しい。「良いウールです!」ってのがわかるし。

最近の服は袖がゆったりしているから、アウターも考えないとラグランとか着てるとパンパンになる。…それってマントで解決じゃ…?と思いつき、ネットで探す。
値段もまあそれなりで、デザインもいい(フードつき)ものをポチ。

前置きが長くなったけど、このnewマントに裏地をつけた。
裏地がないのはレビューで分かっていたけど、実際着てみるとやっぱりしっくりこない。色落ちします、と書かれてるのでそれも怖いし。
手芸屋さんで1m¥380の裏地を買い、マントを広げて適当に型紙を取ってザクザク縫った。肩のカーブがどんなかなーと思ったけど、裏地なので大きめに切って縫えば何とかなる感じ。
それっぽくできたのでヨカッタ〜

おせち

去年まで、あんなに美味しかった中華屋のオードブルが終了になってしまった。
自力で作るしかないやん…ということになり、適当に始めた。

〈一の重〉
□ 黒豆(出石で買った丹波の黒豆) □ 数の子  □ ワカサギの甘露煮(スーパーで購入) □ 子持ち昆布(もちろん本物ではない)
〈二の重〉
□ 海老のガーリックバター焼き(有頭海老のビジュアルと殻を剥く面倒くささを考えた結果) □ 栗きんとん(面倒だけどつい作ってしまう)  □ だし巻き卵
〈三の重〉
□ レンコンと鶏ひき肉のはさみ揚げ(貰い物の良いレンコン、本領発揮) □ 海老せんべい

ものすごい短時間でできた。買ったものの詰め直しが殆どなんだから当然か。
年越しそばは出石蕎麦。邪道な感じもするが、ざるで頂いた。

ゴールデンカムイ 続き

いろんな登場人物の思惑が入り乱れまくっているので、さーっと読むだけだと全然掴めない。バトルシーンが面白いのでストーリーを忘れてしまうというか。

やっぱり…キーマンはベタですが尾形百之助ですよ。
第七師団所属の上等兵。正直、初登場時は「ダサッ…」と思ってしまった。尾形ごめん。坊主だったし、構え?もね。正しいんだろうけどさ。
くくり罠で銃を奪われるので接近戦になるが、杉元にはさすがにかなわず、右腕を折られて(結果的に)川に落とされ、瀕死の重傷を負う。
軍を脱走した後は顎の手術痕がロボットっぽくなり、坊主にしなくてもよくなったのでツーブロックのオールバックになっている。大成功。

狙撃が得意で、三十年式歩兵銃で何でも撃つ。
スコープとかないのに、遠距離狙撃できるし、近いとこなら冴羽リョウ並みに当てる。
モデルは『山猫は眠らない』のトーマス=ベケットだって。この登場人物もカルロス=ハスコックという海兵隊員がモデルらしい。雪を口に含んで白い息を出さないあたりはシモ=ヘイヘだな。

父は第七師団の師団長で妾の子…というあたりもベタ(笑)。
愛情不足の典型のような感じで、屈折しまくっている。
反乱を起こす鶴見中尉にさらに背いているし、樺太へ行くあたりからは本当に何をしたいかよくわからないが、司馬遼太郎に描かれた土方歳三のように、死に場所を探しているように見える。

サブキャラ好きの血が騒いで仕方がないのだが、何よりも尾形、基本装備のマント姿がとてもカワイイ。もちろんギリースーツとして着用しているのだが、めっちゃカワイイ。
旧軍のマントはカーキ色だが、彼にはぜひ白を着てほしい。

«ひょうご食い倒れカニツアー 二日目

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ