ハンドメイド月間

今更ながら,休日を手芸?に費やしている。
ステイホーム中は何をしてたんだとも思うけれど,よく考えたら毎週末自宅居酒屋(客は家族のみ)を開いていた。
他にはネットくらいしか暇つぶしがなかったので,ものすごいニッチなもの(このワンピースにしか合わないボレロ,とか)を探していた。もちろん全く見つからないので「作ったほうが早い」になった次第。
料理熱も冷めたことだし。

布さえあれば,何とかなりそう,と思い通販…近所の手芸屋はニーズが決まっているのか,カラオケの舞台衣装のようなキラキラか,フラのパウ(だっけ?)に使えそうなのか…しかない。
まず,リネンのニット生地を買ってボレロ作成。初めてニット用の糸を買った。
縫い目を小さくすれば全然OK。
プロが作った手作りの服(って言っていいのか…?)が何枚もあるのだけど,始末とかは縫い目をじーっと見て真似。ロックミシンすらないので,出来上がりは全然違うが,見た目はまあ大丈夫。

でも,やっぱりお高い布って全然違う。
もちろん自分で縫うのは激安の訳アリ品。近所に買い物に行くだけだからいいんだ…。

火がついて,ネックレスのリフォームもやった。
昔ガダルカナルで買ったのだけど,直径1cmくらいあるのにチョーカーっぽい。
使いにくいけど,デザインはキレイ。もったいないなあ,と思っていたけど,ついにバラして革ひもに付け替えた。何にびっくりしたって,外してみたらビニールひもだったこと…使える感じに仕上がった。

編みぐるみはやってた。アンパンマン2体とメロンパンナちゃんとドキンちゃんとしょくぱんまん様。差し上げたお礼に毛糸をもらったので,また違うものを作りかけている。

集中して指先を動かすのはいいね。認知行動療法って感じかもしれない。

思うこと

もともと,ONとOFFの差が激しいので,家に籠っているのは苦痛ではない。
在宅ワークによって,運動不足という別の問題が出てきたけども

出かけるときは鉄砲玉のようだけど,それ以外は地元からもほとんど出ないし。

今は何よりも,医療崩壊を防がなくてはならない。
旅行って,不要不急の最たるものでしょう(と私は思う)。もちろん旅行業界がダメージを受けることは理解しているけれど,天秤にかけるまでもないだろう。
色んな所でお世話になったガイドさんたちはどうしているだろう。
離島は物資が滞ってないかな,とか,すっごい田舎の町には流行していないといいな,とか考える。
ただ,大変なのは みんな同じ。

今年もガンガン旅に出られると何の疑いもなく思っていたけど,世界は思ったより狭くて,予想がつかない。
去年はあちこち行ったし,かなりお金も使ったけど,良かったな。
不要不急なことって,非常時には一番に切り捨てなければならないから,一回一回がとても貴重なもの。
それができるということは,とてもありがたいこと。
一日も早く,収束しますように。

肩こり対策

在宅ワークが増えて,何が困るって机と椅子が職場と違うこと。
いろいろ工夫はしてみたけれど,やっぱり肩こりがえげつない。職場って,広々とできてたんだなーと思う。

眼の奥まで痛くなってきたので,どうにかしようと始動。
全身運動もさることながら,短時間でピンポイントに効果があるのは剣道の“素振り”。

経験者なのだけど,やってる間は背筋力が凄かった。
離れてしばらく経つと,いきなりひどい肩こりが始まったのをよく覚えている。

20~30回を1日2セットほど…それだけでかなり改善される。
正面素振りでOK。
ちなみに,椅子に座ったままやると,天井に刺さらないので(笑)良い。

何だかなあ…

海外旅行から戻った方の感染が報道されている。
飛行機はかなり換気されるから心配ないと言われているけれど。

私も本当は今週,旅に出る予定だった。
でも,今月初めにキャンセル。私の周辺ではキャンセルした人ばかりだ。
考えも一致していて,自分が罹るのは致し方ないと思うが,自分の周囲にも現地の方にも迷惑をかけるのは忍びない,という。

私の場合はちょっと特殊?なところに行くため,ガイドが必須。
罹患したときに(羽田発着で東京でも数日過ごす予定だった。仮に帰国後,日本国内で感染したとしても)ガイドの方が濃厚接触者として調べられるのも申し訳ない。

ツアーだとその考えは緩むと思う。周りは日本人ばかりだし,修学旅行のような感じだと思えば,正常性バイアスが強く働くだろう。
何となく,大丈夫,という。
でも旅行だと,ビズもしないだろうし…というのが目下の疑問。

ネットで叩かれまくるのは違うと思うが(海外旅行というと,半分妬みのような感情も入る),それを差し引いても利害関係者に掛ける迷惑を考えた方が良いよなあ…。

偶然会ったこと

地元では時々ある。イナカだし。
大都市でバッタリ,とかだとホントびっくりすると思う。

でも,海外で会ったこともあるんだよなあ…どちらも空港だけど。
まずバンコクの空港。私はブータンから,知人Aはネパールからの乗継。
帰国日が同じならまあ,そんなこともあるかもしれないけど…いろいろ飛行機会社はあるのにね。
地元へ帰るリムジンバスも一緒だった。

2回目はグアムの空港。私はチュークからの乗継,知人Bはグアム滞在。
「なんでこんな(メジャーな)ところにいるの???」と大きな声で言われた。

ちなみにどちらも旅慣れた方。

«満足いく買い物